ラドウェアのAzure向けセキュリティ

ラドウェアのAzure向けセキュリティは、Microsoft Azureと共同開発した新しいフルマネージドセキュリティサービスです。Azure DDoSサービスとラドウェアのWAFサービス、ボットマネージャーサービス、アナリティクス、脅威検出、リアルタイムのセキュリティフィードが、一つのセキュリティポータルに統合されています。

Azureネットワーク内で稼働する唯一のクラウドセキュリティスイート

ラドウェアのAzure向けセキュリティは、Azureのデータセンター内でローカルサービスとして稼働する唯一のクラウドベースのマネージドセキュリティスイートです。かつて、WAFやボット管理などのセキュリティソリューションは、クラウドベースの仮想アプライアンス(お客様が直接設定、管理することが必要)またはクラウドベースの外部サービス(したがってAzureネットワークから出ていくトラフィックに遅延と費用が発生する)として稼働されていました。

Radware Integrates with Azure DDoS Protection

Learn how Microsoft Intelligent Security Association (MISA) partner Radware integrates with Azure DDoS Protection. Radware provides cybersecurity and attacks mitigation solutions for network and application assets, along with application delivery solutions for physical, cloud, and software-defined data centers.

ラドウェアのAzure向けセキュリティなら、Azureリージョンで直接実行される、フルマネージドのクラウドベースセキュリティソリューションをご利用いただけます。

フルマネージドクラウドセキュリティサービス

業界最高レベルの経験を誇るラドウェアの緊急対応チーム(ERT)が、攻撃時のサポートを24時間提供するフルマネージドクラウドセキュリティサービス。

Azureの域内展開

Azureのデータセンター内でローカルサービスとして直接的に実装されます。Azureの規模とリーチを持つ、自動化された、フリクションレスな実装が可能です。

データレジデンシー&低遅延

Azureリージョン内で実行することにより、Azureのグローバルネットワークを基盤とした超低遅延を実現。データはAzureリージョン内にありますので、データレジデンシーは維持されます。

すべての脅威領域を防御

ラドウェアではAzureのDDoS防御と組み合わせた、ラドウェアのWAF、ボットマネージャー、脅威インテリジェンスフィードに基づくフルセキュリティスイートを提供しています。

あらゆるパブリッククラウド環境で使える、最も包括的なセキュリティサービス

ラドウェアとマイクロソフトが共同開発したマネージドサービスを利用することで、次の機能を備えたフルスタックのセキュリティソリューションをAzureに実装可能です。

Webアプリケーションファイアウォール

業界をリードする、クラウドベースのWebアプリケーションファイアウォール(WAF)。ポジティブセキュリティモデルと常時適応型セキュリティポリシーに基づき、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなどOWASPトップ10の脅威から防御します。

ボットマネージャー

半教師あり機械学習を利用する高度なボット管理ソリューションで、人間行動をシミュレーションし、従来のボット防御をすり抜ける新世代のボットから守ります。

DDoS防御

不正トラフィックでアプリケーションを飽和状態にし、正規ユーザーのアプリケーションへのアクセスを妨害する分散型サービス拒否(DDoS)攻撃に対する統合型防御です。

セキュリティアナリティクス

ユーザーの行動を分析し、その行動について詳しい知見を導き出す洗練されたセキュリティアナリティクス機能で、アプリケーション内で何が起こっているかを常に把握することができます。

脅威インテリジェンス

ラドウェアの脅威インテリジェンスとアクティブなアタッカーフィードを統合し、攻撃者の最新の情報を提供します。

Azure内のラドウェア マネージドセキュリティサービスで多層防御を新たなレベルへ。DDoSおよびアプリケーション攻撃に対応する自動ポリシー生成、高度なボット防御、高度なアナリティクス、脅威検出すべてが単一のセキュリティポータルに統合されています。

注目のリソース