AzureクラウドDDoSサービス

ラドウェアのAzureクラウドDDoS防御サービスは、緩和による攻撃検出の完全な自動化でAzure APIを使用する唯一のSaaS DDoS防御サービスのパートナーとして、Micosoft Azureでホストされている資産を守ります。

巧妙なマルチベクター型サイバー攻撃が一般的になりつつあり、Azureのお客様の多くが、ミッションクリティカルなクラウドベースの資産を守るために、より高度で包括的なDDoS検出と防御能力を求めています。広範なレイヤ7攻撃、高度持続型DoS攻撃(APDoS)、マルチベクター型攻撃 、ボルメトリック攻撃、SSLベースのDDoS攻撃などからの防御が必要になってきています。

ラドウェアのAzureクラウドDDoSプロテクション サービスは、防御による攻撃検出の自動化でAzure APIを使用する唯一のSaaS DDoS防御サービスのパートナーとして、Micosoft Azureでホストされている資産を守ります。

Azureでホストされているアプリケーションを守る、ラドウェアのDDoS防御サービス

ラドウェアのクラウドDDoS防御サービスは、AZURE仮想ネットワークを保護するための、非常に高度なサービス品質保証契約(SLA)によって保証されているソリューションを提供します。オンデマンドまたは常時接続型デプロイメントモデルとして提供され、サービスはクラス最高レベルのコア技術を活用。DDoS攻撃中にはクラウドベースの防御を実効するため、トラフィックを世界中に分散するラドウェアの5.5 Tbpsのスクラビングセンターに迂回させることにより、即時かつ効果的にDDoS攻撃を防御します。

ラドウェアのDDoS防御サービスは、自動化によりMicrosoft Azureとスムーズに統合され、防御と監視によって攻撃のライフサイクルを検知からダイバージョンまで自動化します。このサービスはMicrosoft APIを使用し、組織の仮想プライベートクラウド(VPC)と同期および交信します。また、自動プロセスは防御までの時間を短縮(攻撃を17秒以下でブロック)し、お客様の総所有コストを最小限に抑えることが可能です。

ラドウェア・クラウドDDoS防御サービスの主な利点

アプリケーションレイヤとSSLベースのDDoS攻撃防御を含む、​​​​​​​最も幅広い攻撃対応範囲

ラドウェアのクラウドDDoS防御サービスは、Azureをご利用のお客様に非常に高度な攻撃検知と防御能力を提供します。あらゆる形態のDDoS攻撃のほか、バーストや動的IPなどを含むゼロデイ攻撃からアプリケーションを万全に守ります。

最も精度の高い防御を含むリアルタイムの防御

ラドウェアは、アウトオブパスの振る舞いベースのクラウド​​​​​​​DDoS防御を提供する唯一のベンダーです。レイヤ3~7​​​​​​​のDDoS攻撃を正確に検知し、17秒以内に攻撃シグネチャを自動生成して防御します。

平常時に余計な遅延なし

ラドウェアのオンデマンド クラウドDDoS防御サービスは、トラフィックを監視し、攻撃を察知した時のみ防御のためにトラフィックを迂回させます。このサービスは企業に、平常時に遅延のないソリューションと自動検知・防御の機能も提供します。

最大1000文字
ラドウェアでは、お客様のプライバシーを尊重し、個人情報は新製品のご案内やセールのお知らせ、調査、イベントへのご招待の時にのみ使用します。これらの目的でラドウェアがお客様の個人情報を使用することを承諾される場合は、下のボックスにチェックマークを入れてください。承諾後でも登録解除(datasubjectrights@radware.com)は随時可能です。
ラドウェアはプライバシーを尊重します。個人情報はいかなる第三者にも提供されたり、使用されることはありません。詳細についてはプライバシー方針 そして 利用規約をお読みください。

無限の防御能力

ラドウェアのクラウドDDoS防御サービスは、Azureご利用のお客様に、正当なトラフィックサービスモデルの一部として無制限の攻撃トラフィック防御機能を提供します。

フルマネージド セキュリティサービス

ラドウェアのクラウドDDoS防御サービスは、弊社の緊急対応チーム(ERT)が提供するフルマネージドの24時間年中無休のサービスです。ERTは、防御の設定と更新のほか、積極的にリアルタイムで攻撃の監視、検出、警告、防御を実施する専任のセキュリティ専門家のグループです。

デプロイメントの柔軟性

ラドウェアのクラウドDDoS防御サービスは、2つのデプロイメントモードで展開できます。

常時接続型クラウドDDoS防御サービスは、パブリッククラウドにホストされているアプリケーション向けで、トラフィックは常にラドウェアのスクラビングセンターを経由し、そこでリアルタイムの攻撃検知と防御が行われます。

オンデマンドクラウドDDoS防御サービスは、パブリッククラウドにホストされているアプリケーション向けです。アプリケーションの遠隔監視、DDoS攻撃の自動検知、先を見据えたアラートのほか、攻撃が検知された場合にリアルタイムで防御できるようラドウェアのクラウド スクラビングセンターへの自動ダイバージョンなどが含まれます。

ケーススタディ
ヨーロッパの製造業者が、ラドウェアのAzureクラウドDDoSサービスソリューションを導入

ヨーロッパの製造業者が、ラドウェアのAzureクラウドDDoSサービスソリューションを導入

ラドウェアがAzure DDoSクラウドと、プレミスベースのDDoSおよびWAFソリューションの組み合わせを導入。データセンターは、プレミスベースのアプライアンスとスケーラブルなAzureクラウドプロテクションを合わせたハイブリッドDDoSソリューションで防御し、小規模で重要性の低いリモートサイトは、ラドウェアのオンデマンドクラウドDDoSサービスで守られています。

詳細はこちら
ソリューション概要