ソリューション
 

クラウドDDoS防御サービスとは?

分散型サービス拒否(DDoS)攻撃はますます頻繁に起こり、さらに強力かつ巧妙になっています。攻撃ツールやグローバルボットネットがますます入手しやすくなり、考えられる攻撃の数はこれまでになく多くなっています。攻撃の防止や阻止を人の手に頼るのではもはや不十分です。手動ベースのDDoS防御および防御サービスに依存していては、今日の脅威から十分に身を守ることはできません。

あらゆる組織のニーズに応える、最適なDDoS防御および防御サービス

自動化された、ゼロデイDDoS攻撃プロテクションで実現する、他に類を見ない広さのセキュリティ対象範囲

ハイブリッド、常時接続型、オンデマンドとユニークに取りそろえた、クラウドDDoSサービスのデプロイメントオプション

ユーザーデータの機密性を保つ唯一のクラウドSSL攻撃防御

一元化されたポータルによる単一インターフェースとラドウェア緊急対応チームよるフルマネージドサービス

ラドウェアのクラウドDDoS防御サービスは、エンタープライズ向けのクラウド内DDoS防御を提供します。検知能力の高さにおいても、防御にかかる時間の短さにおいても最高レベルのサービスを実現し、今日最もダイナミックで絶えず進化するDDoS攻撃に対して防御を実効します。

 

ラドウェアのクラウドセキュリティサービス

最速の脅威検知と防御を提供すべく常に変化する、包括的で自動化されたクラウドDDoS防御サービスで、進化を続けるサイバー攻撃の脅威から身を守りましょう。

クラス最高のクラウドWAFとDDoS防止技術により、非常に巧妙なDDoSおよびWebセキュリティ脅威もリアルタイムで防御します。

ラドウェアは幅広いDDoS防御ソリューションのスイートという形で莫大な価値を実現し、統合された最新鋭のDDoS防御テクノロジーを用いるあらゆる企業向けソリューションの特化したニーズに応えている。最も手強い攻撃者ですら阻止することができる。"

- クリス・ロドリゲス
フロスト&サリバン、シニア産業アナリスト

フロスト&サリバンのベストプラクティスリサーチを読む

クラウドDDoS防御サービスが優れている理由

常時接続型、オンデマンドまたはフルマネージドのハイブリッドDDoSサービスといった業界唯一のデプロイメントオプションを提供しており、お客様はネットワークやアプリケーションのニーズに見合った最適なクラウドDDoS防御を選択することが可能です。

自動化された振る舞いベースのゼロデイDDoS防御

ラドウェアは特許で保護された振る舞いベースの検出技術およびリアルタイムの署名生成技術で、ゼロデイDDoS攻撃および未知のDDoS攻撃に対する防御を、数秒でリアルタイムに自動生成できる唯一のクラウドDDoSサービスを提供しています。

多層DDoS防御で実現する、最大の対象範囲

ネットワーク層およびアプリケーション層へのDDoS攻撃、ボルメトリック攻撃、非ボルメトリック攻撃からの全面的な多層防御、およびSSLベースのDDoS攻撃への全面対応。

スマートなSSL攻撃防御

ユーザーデータの機密性を保ち、キーが変更となった場合のサービスプロバイダーと組織間における運営上の依存関係を排除する、唯一のクラウド内SSL攻撃防御です。

強力なグローバルクラウドセキュリティネットワーク

ラドウェアのグローバルクラウドセキュリティネットワークは、クリーンなトラフィックとDDoS攻撃トラフィックを隔離する専用スクラビングセンターにより、8 Tbpsの防御容量までスケールアップできます。

柔軟なダイバージョンでどんなニーズにも対応

ラドウェアのDDoSサービスは、1つのIPアドレスから/24以上のブロックまで、さまざまな規模のネットワークに対応しており、ダイバージョンの方法でも最大限の柔軟性を発揮。組織のネットワークインフラストラクチャとスムーズに通信できるようカスタマイズが可能です。

クラウドDDoS防御サービス

ラドウェアのクラウドDDoS防御サービスは複数のデプロイメントオプションをご用意。お客様特有のニーズにお応えします。

1. ハイブリッドクラウドDDoS防御サービス

ラドウェアのハイブリッドクラウドDDoS防御サービスは、当社のオンプレミスのDDoS防御デバイスと統合することができます。ハイブリッドクラウドDDoS防御サービスには以下のような特長があり、データセンター内にオンプレミスのデバイスを実装できる組織におすすめです。

インターネットのパイプを飽和させることを目的としたボルメトリックDDoS攻撃時のみにトラフィックを迂回させるため、平常時に引き起こされる遅延は最小限。

オンプレミスでリアルタイムに防御を開始するため、防御までの時間が最短。

トラフィックのベースラインと攻撃フットプリントのリアルタイムな共有を通じてクラウドにトラフィックが送られる際、ラドウェアのオンプレミスデバイスとクラウド防御サービス間に防御のギャップはありません。

単一の窓口、および実績のあるセキュリティ・DDoS専門家による広範囲に及ぶマネージドサービス

2. 常時接続型クラウドDDoS防御サービス

ラドウェアの常時接続型クラウドDDoS防御サービスは、常時接続型防御を提供します。トラフィックは常にラドウェアのクラウドセキュリティPOP(接続点)を通じてルーティングされ、検知と防御にオンプレミスのデバイスは必要ありません。

常時接続型クラウドDDoS防御サービスには以下のような特長があり、アプリケーションサービスがクラウド内にホストされていたり、データセンター内にオンプレミスの攻撃防御デバイスを実装できない組織におすすめです。

トラフィックが継続的にラドウェアのDDoS防御サービスを通してルーティングされるため、最短の時間で防御を実行可能

お客様の関与は最小限 - ラドウェアの​セキュリティ専門家が積極的に関与するフルマネージド型

オンプレミスのデバイスは必要ないため導入プロセスを迅速に実行可能

3. オンデマンドクラウドDDoS防御サービス

ラドウェアのオンデマンドクラウドDDoS防御サービスは、インターネットのパイプ飽和を防ぎ、攻撃が組織のインターネットパイプを飽和する恐れがある時に作動します。

オンデマンドクラウドDDoS防御サービスは以下のような特長を持っており、最も低コストなソリューションを探している一方で、アプリケーションレベルおよびSSLベースのDDoS攻撃に対しリアルタイムな検出をさほど必要としない組織におすすめです。

ラドウェアのERTが提供するスタンダードサービスでオンデマンドの攻撃防御

ボルメトリックDDoS攻撃を受けた時のみトラフィックのクラウドへのダイバージョンを実行

リンク利用しきい値、フロー統計、または手動で行うダイバージョン

データシート
クラウドDDoS防御サービス

クラウドDDoS防御サービス

ラドウェアのクラウドDDoS防御サービスは、そのセキュリティの対象範囲の広さや検知能力の高さにおいても、防御にかかる時間においても最高レベルのサービスを提供し、今日最もダイナミックで、かつ進化を続けるDDoS攻撃から組織を守ります。

詳細はこちら
データシート
Cloud DDoS Protection Service Validation

Cloud DDoS Protection Service Validation

This datasheet outlines Radware’s service validation test for it’s Cloud DDoS Protection Service

詳細はこちら
eガイド