ソリューション
 

API防御

安全なAPIが
​​​​​​​データとアプリケーションを保護

動的かつ相互接続された環境でAPIを保護

今のアプリケーション開発・配信環境はこれまでになく非定型的で柔軟性が高く、相互運用して安全なアプリケーションデリバリーを容易にする独立したコンポーネントを一つにまとめることができるようになっています。この新しいアーキテクチャの基盤と言えるのが、データの交換、統合、自動化を可能にするAPI。APIは、IoTデバイスの統合や、バックエンドシステム、マイクロサービス、モバイルアプリ、サーバレスアーキテクチャ、イベント駆動型プロセスなどに用いられており、さまざまな恩恵をもたらしていますが、データの盗用やサイバー脅威のリスクも伴うため保護対策が必要です。

API防御のためのサイバーセキュリティ

ラドウェアのAPI防御では、アクセス制御、データ流出防止、ボット管理、DoS防御の各種ツールを組み合わせて包括的なWebアプリケーション/API防御を行い、統合されたさまざまなアプリケーションデリバリー/開発プラットフォームを保護します。環境はデータセンターでも、クラウドホスティングでも、専用のAPI防御テクノロジーが、あらゆる形式のAPI乱用と悪質マニピュレーションの試みを減らすのに必要なレベルの可視性と、実施体制、防御を提供します。

API防御のデータセットをダウンロード

包括的なAPI防御

市場をリードするテクノロジー

市場をリードするテクノロジー

ガートナー社の「クラウドのWebアプリケーションとAPI防御のための重要な機能」ランキング、API防御&高度なセキュリティ部門で第1位に選出

目的に合わせて構築したボット管理技術

目的に合わせて構築したボット管理技術

APIの呼び出しにディープラーニングが適用され、呼び出し、認証フローの分析と、マシン間通信のフィンガープリンティングを実施。これによりブルートフォース、クレデンシャルスタッフィング、データスクレイピング、詐欺を防止。

高度な攻撃防御

高度な攻撃防御

ポジティブセキュリティモデルとネガティブセキュリティモデルの併用、自動学習、行動ポリシー、データ流出防止対策により、トークンやプロトコル、パラメータ、JSON / XMLパターンの操作の試みを排除

一貫したセキュリティ

一貫したセキュリティ

あらゆる環境(データセンター、プライベートクラウド、パブリッククラウド)で同じセキュリティ技術エンジン、ポリシーを適用。アーキテクチャは、モノリシックアプリケーション、マイクロサービス、サーバーレスなど。

 
悪意のあるボット

APIを保護するためには、悪意のあるボットを善良なボットと区別することが不可欠

APIはデプロイメントの急速な普及にもかかわらず、自動化された脅威の増加に対する防御は不十分なままです。APIボット攻撃の危険性と、それらを防御する最善の方法について学びましょう。

「ボットサイバー攻撃からAPIを安全に保つ」をダウンロード

ケーススタディ
APAC地域の航空会社が、価格のスクレイピングや在庫の乗っ取り、検索コスト増大などの問題をもたらすボット攻撃を阻止

APAC地域の航空会社が、価格のスクレイピングや在庫の乗っ取り、検索コスト増大などの問題をもたらすボット攻撃を阻止

太平洋全域にハブ空港を構えるAPAC(アジア太平洋)地域最大級の航空会社が、ラドウェアのボットマネージャーとクラウドWAFサービスを利用することでボット攻撃の阻止に成功し、価格のスクレイピングや在庫の乗っ取り、検索1回あたりのコスト増大といった難を逃れました。さてその経緯はどのようなものだったのでしょう。

詳細はこちら
データシート
APIセキュリティデータシート

APIセキュリティデータシート

ラドウェアのAPI防御では、アクセス制御、データ流出防止、ボット管理、DoS防御の各種ツールを組み合わせて包括的なWebアプリケーション/API防御を行い、統合されたさまざまなアプリケーションデリバリー/開発プラットフォームを保護します。​​​​​​​

詳細はこちら
リサーチ
WebアプリケーションとAPIの防御をめぐる現状

WebアプリケーションとAPIの防御をめぐる現状

このレポートは、組織のアプリケーションとAPIセキュリティアウェアネス、ビジビリティ、ベストプラクティス、セキュリティ戦略を確認するために調査データを使用し、企業内の様々な役割がアプリのセキュリティをどう見ているか確認します。

詳細はこちら

ラドウェアのセールスお問い合わせ先

ラドウェアのエキスパートがご質問にお答えします。また、お客様のニーズを見極め、最適な製品をご提案させていただきます。

ラドウェアをご利用のお客様

サポートや追加のサービスが必要なとき、製品やソリューションに関するご質問など、ラドウェアはいつでもお客様をサポートいたします。

ラドウェアの各拠点
ナレッジベースから回答を得る
無料オンライン製品トレーニングを利用する
ラドウェア テクニカルサポートを利用する

ソーシャルメディア

エキスパートとつながり、ラドウェアのテクノロジーについて語り合いましょう。

ラドウェア ブログ
セキュリティリサーチセンター