ビジネスに安全な風土を創出する

高可用性を備えたネットワークを安全に変革することは
、力強いカスタマーエクスペリエンスを創出するうえで必要不可欠です。

サイバーセキュリティを競争上の差別化要因に変える

カスタマーエクスペリエンスの基盤となるのは、セキュリティ可用性の組み合わせです。どちらか一方が揺らぐと、カスタマーロイヤルティや組織のブランド、最終的な収益が打撃を受けます。

それはなぜでしょうか?お客様は高速のネットワークパフォーマンス、応答性の高いアプリケーション、そしてデータが保護される安全な世界トップクラスのエクスペリエンスを求めています。個人情報の安全に関する消費者の心情は、それぞれのロイヤルティと生涯価値に直接結びついているからです。不確定要素がますます高まる世界において、組織は、顧客との間に信頼とロイヤルティを構築するための差別化要因としてセキュリティを利用する必要があります。ガートナーによると、2020年までにカスタマーエクスペリエンスが重要なブランド差別化要因として価格と製品を凌ぐことになります。

ラドウェアは、機密データを保護し、アプリケーションのパフォーマンスを加速して、組織が消費者のために安全な風潮を創出できるようにすることで、そうしたカスタマーエクスペリエンスを確実に実現します。

カスタマーエクスペリエンスを確実に実現する方法についてはこちらからお問い合わせください

アプリケーションのセキュリティと可用性により強力なカスタマーエクスペリエンスを創出

機密データを保護

新しい製品やサービスを展開すると、性質の異なる環境にデータが分散することになります。こうしたネットワーク環境の安全性を個別に確保しようとすると、ハッカーの付け入る隙が生じます。企業の経営幹部はこのことを理解しており、66%の人が組織のセキュリティが破られる可能性があると感じ、98%がデータプライバシーについて懸念を抱いています

「サイバー攻撃の状況、セキュリティ脅威、ビジネスへのインパクトのトレンド」は、経営幹部の観点について詳しく説明しています。

今すぐ読む

新しい脅威や台頭する脅威をリアルタイムで食い止める、業界で最も先進的で自動化されたサイバーセキュリティソリューションを使用して、顧客データを守り確固たる信頼を築きましょう。

サイバー攻撃のコストを計算する」では、データを保護しない場合の影響について説明します。

今すぐ読む

信頼の構築とロイヤルティの向上

 ラドウェアのリサーチ「消費者の心情:サイバーセキュリティ、個人データ、カスタマーロイヤルティへの影響」によると、侵害を受けた後で信頼のあるブランドと取引を行うには、70%近い人がそれだけの確信を必要としています。

リサーチを読む

顧客データは、サイバー攻撃の対象のひとつに過ぎません。リサーチ、製品情報、市場計画に不正アクセスが生じても市場でのロイヤルティに悪影響が及ぶ恐れがあります。サイバー攻撃の最終的なコストを理解することは極めて重要です。

インフォグラフィックを見る

機密データへの不正アクセスが発生する前に自動的に攻撃を検知して食い止めることで、顧客離れを抑え、優良顧客を維持し、セキュリティを重視する新規顧客を引き付けることができます。

 

ビジネスを拡大する

新しい成長戦略を実行するため、デジタルエクスペリエンスを加速する技術(IoT、モバイルアプリ、eコマース)でアプリケーションの可用性とセキュリティを確保しましょう。

新しいアプリケーションを実装して既存の顧客ベースにセキュリティサービスを提案し、高品質のエクスペリエンスを顧客に提供します。

セキュリティと可用性がデジタル消費者の基盤となり、世界の不確実性が高まる現在、組織は投資とリスクのバランスをとる方法を見直し、サイバーセキュリティを導入する方法とタイミングを改める必要があります。

サイバーリスクに関する難題:今すぐ投資するか、後でつけを払うか? では、顧客のために安全な環境を作り出し、競争力のある差別化要因としてセキュリティを利用する方法について説明します。

ガイドを読む

カスタマーエクスペリエンスの確立

大手企業の事例をご紹介

世界最高のコロケーションデータセンタープロバイダーとして、私たちはお客様に今日利用できる最高品質のサイバー攻撃防御をお届けしたいと考えています。ラドウェアの攻撃防御システムなら、たとえボルメトリック攻撃を受けても100%の事業継続性を維持できます。

- クリス・ドネリー氏
Switch、コネクティビティ担当執行副社長

可用性に基づいたセキュリティ

現在、全世界で90%を上回るビジネスがハイブリッドコンピューティング環境を利用しています。アプリケーションデリバリーサービスは、こうした環境のセキュリティと可用性を維持し、ビジネスに競争力のある差別化要因を提供するための基盤となります。