クラウドセキュリティポスチャ管理(CSPM)

ご自身のパブリッククラウド環境のコンプライアンスおよびガバナンスを実施

お問い合わせ

クラウド環境を強化

パブリッククラウド環境でワークロードを運用することで、新しく、クラウドネイティブ脅威、脆弱性に晒すことになります。ご自身のクラウドセキュリティポスチャーをロックダウンすることは、ご自身のデータのセキュリティと他社の利用防止よりも最優先事項です。

ラドウェアは、包括的なクラウドセキュリティポスチャーマネジメント(CSPM)機能を提供します。これには、クラウド環境を安全にするためのコンプライアンス認証、クラウド設定ミス検知、公になっているアセットの特定、自動ガバナンスが含まれます。

主な機能

コンプライアンスギャップの特定

クラウド設定ミスの修正

公になっているアセットの特定

自動ガバナンスエンフォースメント

 

ワンクリックでのコンプライアンスレポート

ラドウェアのクラウドネイティブプロテクターにより、詳細かつワンクリックのコンプライアンスレポートが提供されます。このレポートには多岐にわたる業界、ナショナルコンプライアンススタンダード、PCI DSS、SOC2、AWS CISファンデーション、NISTサイバーセキュリティフレームワーク、ISO27001などが含まれます。高いレベルのご自身のコンプライアンステータスの認証およびスタンダード上での各評価のラインごとの評価を提供します。ラドウェアは、ご自身のニーズに合わせたカスタマイズガバナンスレポートもサポートしています。

クラウドネイティブプロテクターを学ぶ

ラドウェアのクラウドワークロードプロテクションサービスは、Perionがリアルタイムで、誤報なく、脅威を検知する手助けをしました。設定ミスや潜在的なリスクにおいて優れた性能を発揮しており、検知および防犯の両方で非常に役立ちます。

アミール・アラマ様
クラウドオペレーション・ディレクター
Perion

お客様の成功事例を読む

クラウドネイティブプロテクターを使用したスマート権限のハードニング

ラドウェアのクラウドネイティブプロテクターが使用および権限を与えられた許可の差を検知することで、スマートハードニング低減を提供して攻撃サーフェイスを減らし、悪意のある振る舞いを検知し、データ盗用の警告を出し、いかに包括的なクラウドプロテクションを提供しているか学びましょう。

データシート

クラウドネイティブプロテクター

クラウドネイティブプロテクターは、パブリッククラウド環境でホストされているアプリケーションのインフラストラクチャとワークロード向けに多層防御を提供し、クラウド環境における偶発的なデータ暴露や、設定ミス、悪意のあるアクティビティを防ぎます。

今すぐ読む
ホワイトペーパー

クラウドワークロードを2021のトップクラウド脅威から保護する

このホワイトペーパーは、パブリッククラウド環境の過剰な権限付与がもたらすセキュリティ脅威と、その適切な軽減の方法について取り上げます。

今すぐ読む
ウェビナー

ブライトトークパネル:「クラウドネイティブDevOps:スピード、効率、拡張」

自動化、柔軟性、市場への時間短縮を含むクラウドネイティブプリケーションのメリットは支持されており、クラウドネイティブDevOpsセットアップで対応します。

ご登録はこちら
ウェビナー

ブライトトークパネル:「ビジネスを妨げることなくクラウドへの移行を実施」

ラドウェアのWebアプリケーションセキュリティの現状およびAPI防御2020によると、クラウドに移行する組織のたった27%がクラウドプロバイダーによるセキュリティを「完全に信頼」しています。

ご登録はこちら

ラドウェアのクラウドネイティブプロテクターの詳細およびクラウドセキュリティポスチャーをロックする方法はお問い合わせください。

ラドウェアをご利用のお客様

サポートや追加のサービスが必要なとき、製品やソリューションに関するご質問など、ラドウェアはいつでもお客様をサポートいたします。

ラドウェアの各拠点
ナレッジベースから回答を得る
無料オンライン製品トレーニングを利用する
ラドウェア テクニカルサポートを利用する

ソーシャルメディア

エキスパートとつながり、ラドウェアのテクノロジーについて語り合いましょう。

ラドウェア ブログ
セキュリティリサーチセンター