パブリッククラウドでデータの機密性を
守ることは可能か?

クラウドに潜む脅威からワークロードを守りましょう

クラウドワークロードプロテクションによる​​​​​​​パブリッククラウドの総合的な防御

クラウドへの移行によって可視性は損なわれ、コンピューティング資産の管理が困難になります。クラウドでホストされているワークロードはリモート管理となり、セキュリティチームが機密のクラウドリソースへのアクセスを監視することは困難です。結果として、多くの場合クラウドの設定ミスを防いだり、発生したサイバー攻撃を特定したり、タイムリーな対応をしたりすることができなくなります。

これまでとは違うアプローチでワークロードを守る時が来ています。

パブリッククラウドでデータの機密性を確保するには?

ワークロードのパブリッククラウドへの移行には、新たな脅威がつきものです。外の世界に内側のリソースを配置することで、より大きく脆弱な攻撃対象領域が生まれ、以前なら封じ込めることができた外部の脅威が今度は組織のワークロードの核心を直接突くことが可能となります。つまり、内側が露出すれば外側に入る隙が生じるのです。

ワークロードを安全にパブリッククラウドに移行する方法として、クラウドワークロードプロテクションでクラウドのセキュリティを強化する方法をご紹介します。

クラウドネイティブなデータ漏洩の分析

現実に起こったデータ漏洩​およびその回避方法の分析

クラウドプロバイダーは、データセンターの防御方法に注意深く気を配っています。それでも、アプリケーション、サービス、データリポジトリ、データベースへの安全なアクセスを実現する責任は企業に委ねられています。パブリッククラウドに依存した企業でクラウドネイティブデータが漏洩したケースを、2件ご紹介します。これらがどのように起こったか、典型的な「攻撃キルチェーン」とはどのようなものか、そしてその教訓をご覧ください。

クラウドワークロードプロテクションで貴社のデータを保護。

ワークロード防御をコントロール

クラウド内のワークロードを保護する必要がありますか?組織の弱点を突きかねないデータ漏洩、アカウント不正利用、リソース搾取の懸念がありますか?

ワークロードのパブリッククラウドへの移行には危険が伴います

クラウドワークロードプロテクションを使えば安心です

ワークロードのパブリッククラウドへの移行は、適切なセキュリティ対策を行わなければ危険を伴います。次の機能を備えたソリューションでワークロードとデータを安全に保つ必要があります。

一般公開されている資産の検知

過剰な権限、未使用の権限の特定

セキュリティ設定の強化

データ盗難攻撃の発見

ラドウェアのクラウドワークロードプロテクションサービスは、高度な機械学習アルゴリズムを使ってワークロードに対する過剰な権限の付与を検出し、データ盗難が発生する前にセキュリティ設定を強化して、データ盗難を検知します。AWSアセットの総合的な保護のためのエージェントを使用しないクラウドネイティブソリューションであり、クラウド環境の全体的なセキュリティ態勢のほか、クラウドネイティブ攻撃ベクトルに対して個別のクラウドワークロードを保護します。クラウドワークロードプロテクションサービスは一元的な可視性をもたらし、クラウドでホストされている多くのワークロードの管理を可能にします。セキュリティ管理者はどこが攻撃されているか、どのアセットが脅威にさらされているかを素早く把握できます。

ラドウェアのクラウドワークロードプロテクションでAWSアセットを保護しているPerionの事例をご紹介します

Perionは、サービスおよびデータへのアクセス許可を追跡・厳格化し、AWSアカウント内の悪意のあるアクティビティを自動的に検知することができませんでした。その結果、ラドウェアに白羽の矢が当たり、クラウドワークロードプロテクションが実装されました。

お客様の成功事例を見る

クラウドへ移行した結果、ユーザーが自分のネットワークに対して部外者に

主導権はそのままに - クラウドワークロードプロテクションで行動を

パブリッククラウドに移行後は、ユーザーは自身のネットワークにとって部外者となり、多くの面でセキュリティをコントロールできなくなります。内部が表に晒されると、世界全体が内部からの脅威の標的となります。

クラウド環境には、クラウドネイティブの攻撃ベクトルに対する総合的な防御が必要です。ラドウェアのクラウドワークロードプロテクションソリューションなら、ワークロードとデータを安全に保護することができます。

ご興味がある方は

当社チームのデモをご予約ください

デモのご予約はこちらをクリック