クラウドに対する脅威の検出および対応(CTDR)

クラウド環境内の悪意のあるアクティビティを検出して、止めます

お問い合わせ

クラウドには様々な脅威が潜んでいます

パブリッククラウドでワークロードを運用することで、オンプレミス環境で直面する脅威とは異なるクラウド・ネイティブ脅威に晒すことになります。

ラドウェアは、包括的なクラウド脅威検知および対応(CTDR)能力を提供し、組織がクラウド環境内の怪しいアクティビティを検知するだけでなく、ステップごとの攻撃アクティビティの進捗を提示することでストリームラインの攻撃を関連付け、完全なデータ漏洩前に抑制します。

主な機能

クラウド内の深刻なアクティビティを検知

怪しいイベントのリスクベース優先

個別イベントを統一された攻撃ストーリーラインに関連付ける

悪意のあるアクティビティへの自動化された反応

 

ログオーバーロードを防ぐ

ラドウェアはクラウド環境内の怪しいアクティビティをクラウド環境の直面する脅威オーダーメイドの悪意ある振る舞い脅威インジケーター(MBIs)を使用して検知します。さらに、ラドウェアは検知するのみならず、個別のイベント、脅威の表面、リソースを統一された攻撃ストーリーラインに関連付けます。攻撃のステップバイステップのプロセスを提示することで、完全なデータ漏洩を事前に防ぐことができます。

クラウドネイティブプロテクターを学ぶ

ラドウェアのクラウドワークロードプロテクションサービスは、Perionがリアルタイムで、誤報なく、脅威を検知する手助けをしました。設定ミスや潜在的なリスクにおいて優れた性能を発揮しており、検知および防犯の両方で非常に役立ちます。

アミール・アラマ様
クラウドオペレーション・ディレクター
Perion

お客様の成功事例を読む

クラウドネイティブプロテクターを使用したスマート権限のハードニング

ラドウェアのクラウドネイティブプロテクターが使用および権限を与えられた許可の差を検知することで、スマートハードニング低減を提供して攻撃サーフェイスを減らし、悪意のある振る舞いを検知し、データ盗用の警告を出し、いかに包括的なクラウドプロテクションを提供しているか学びましょう。

ガイド

パブリッククラウドでデータの機密性を確保するには

クラウドのワークロードは、データの漏洩やアカウントの不正利用、リソースの搾取に対して脆弱です。このガイドでは、AWSのデータ漏洩で苦労したある企業の体験と、どうすればそれを回避できたのかご説明します。

今すぐ読む
ガイド

クラウドネイティブなデータ漏洩のしくみ

コンピューティングリソースのクラウド環境への移行と、それに伴うプレミスベースのデータセンターとは異なる新たな攻撃対象領域について詳しくご説明します。

今すぐ読む
ウェビナー

クラウドネイティブ脅威の検知および軽減

クラウドに移行することで、ワークロードが幅広いセキュリティ脅威にさらされます。この脅威はレガシー脅威に類似している一方、その他は新しく、業界唯一のクラウド環境です。

ご登録はこちら

ラドウェアのクラウドネイティブプロテクターの詳細およびクラウドセキュリティポスチャーをロックする方法はお問い合わせください。

ラドウェアをご利用のお客様

サポートや追加のサービスが必要なとき、製品やソリューションに関するご質問など、ラドウェアはいつでもお客様をサポートいたします。

ラドウェアの各拠点
ナレッジベースから回答を得る
無料オンライン製品トレーニングを利用する
ラドウェア テクニカルサポートを利用する

ソーシャルメディア

エキスパートとつながり、ラドウェアのテクノロジーについて語り合いましょう。

ラドウェア ブログ
セキュリティリサーチセンター