Alteonマルチクラウドソリューション

ハイブリッドクラウド環境の課題

開発と本稼働の両方の目的で、組織がアプリケーションにインフラストラクチャとしてクラウドを採用する現在、こうしたアプリケーションポートフォリオが複数の環境に分散されることで新しい課題が浮上しています。それぞれが専用のインターフェース、ツールセット、ネイティブのネットワーキングアプリケーションデリバリーとセキュリティソリューションを備えているため、NetOps、SecOps、アプリケーション開発者、DevOpsなどは、クラウド環境ごとに派生した新しいソリューションをすべてマスターして一貫性のあるサービスを提供する必要があり、組織内の多くのユーザーに影響しています。

プランニングと購入も大幅に複雑になり、複数の環境があると、クラウドごとにニーズの規模を評価し、TCOを計算する必要があるため、各環境で異なるコスト構造が生まれます。また、クラウドソリューションの採用を組織に促すもうひとつの課題として、オペレーションの高速化とエキスパートのボトルネックを排除する必要性があります。アプリケーションポートフォリオが複数の環境に分散し、標準のフォーマットや報告ツールが存在しないと、アプリケーションのパフォーマンスと健全性を管理し、可視性を獲得することが一層複雑な課題となります。

標準化がカギに

マルチクラウド環境での作業の複雑さを最小限に抑え、上記の課題に対処するには、実装する環境に関係なく、まずアプリケーションサービスとセキュリティポリシーを標準化する必要があります。これにより、アプリケーションデリバリーとセキュリティサービスのカタログを使用して、セルフサービスツールの提供が可能になります。こうした標準化レベルでは、一貫性を簡単に達成でき、以下を促進することができます。

すべてのクラウド環境でCI/CDプロセスを可能にする、より高速で安全なサービスの展開

高速で敏捷性の高いクラウド間デプロイメントを可能にするクラウド全体での簡単な移行

サービスの一貫した可視性とアナリティクスは、ばらつきのないRCAプロセスを創出できます。これはつまり、クラウドプロバイダーが提供するネイティブのアプリケーションデリバリーとセキュリティサービスよりも、クラウドを問わないソリューションを選択するべきだということです。

ラドウェアのAlteonマルチクラウドソリューション

Alteonマルチクラウドソリューションは、クラス最高のアプリケーションデリバリーとセキュリティソリューションを、オンプレミスデータセンターおよびプライベートとパブリックのクラウドにもたらします。Alteonアプリケーションデリバリー技術を活用し、一元化されたサービス管理とコントロールコンポーネントであるAlteonクラウドコントロールのみを使用して、プライベートとパブリックのクラウド環境までそれを拡張します。

Alteonマルチクラウドは、複数の環境全体にアプリケーションデリバリーとセキュリティサービスの一貫性をもたらします。単一のADCとWAF技術、統一された管理とコントロールのインターフェース、ひとつのREST API、およびすべての環境をカバーするひとつのGELを提供することで、すべての環境に配布して運用の一貫性を図る集中型ポリシーを介し、管理を簡素化します。

ラドウェアのマルチクラウドソリューションのメリット

一貫性のあるアプリケーションデリバリーとセキュリティサービス

1つのテクノロジーで、すべての大手パブリッククラウドプロバイダーとプライベートクラウドインフラストラクチャをカバー

高速かつシンプル

  • 自分専用のシンプルなアプリケーションテンプレートを作成し、ADC/セキュリティNetOpsの専門家は不要
  • 継続的なTCO最適化 - 常に最適なTCOを維持するリアルタイムのアプリケーションデリバリーとセキュリティサービスのスケーリング

プランニングのリスクを排除

柔軟なライセンスを1つ使用して、必要とされる厳密なADC容量を購入し、ADCサービス消費量のあらゆる観点で完全なアジリティのメリットを享受

実行可能なアナリティクス

単一インターフェースを使用 - アプリケーションの健全性とパフォーマンスをすべて中央で監視し、パワフルなレポートと実行可能な洞察を取得

投資の保護

ラドウェアのグローバルクラウドセキュリティネットワークは、クリーンなトラフィックとDDoS攻撃トラフィックを隔離する専用スクラビングセンターにより、5 Tbpsの防御容量までスケールアップできます。

注目のリソース