ソリューション
 

パブリッククラウド インフラストラクチャのためのクラウドネイティブ防御

クラウドの脅威からパブリッククラウド インフラストラクチャを守る

クラウドインフラストラクチャを安全に保つ

ワークロードをパブリッククラウドへ移行すると、新たに脅威にさらされる領域ができ、攻撃者につけ込まれて顧客データを奪われる可能性も出てきます。 

Radware provides comprehensive protection for applications hosted on AWS and Azure with multi-layer defenses which secure the cloud environment against identity and access abuse, protect against malicious user behavior, and secure the overall security posture of the public cloud environment.

パブリッククラウド インフラストラクチャのための多層防御

ラドウェアのクラウドネイティブプロテクターは、パブリッククラウド環境でホストされているアプリケーションのインフラストラクチャとワークロード向けに多層防御を提供し、クラウド環境における偶発的なデータ暴露や、設定ミス、悪意のあるアクティビティを防ぎます。

データシートを見る

クラウドネイティブプロテクターがクラウドインフラストラクチャを保護

ラドウェア クラウドネイティブプロテクターの主な機能

クラウドセキュリティポスチャ管理(CSPM)

ワンクリックでのコンプライアンスレポート、およびクラウドの設定ミスやデータ暴露の検出

クラウドインフラストラクチャ エンタイトルメント管理(CIEM)

クラウド環境における過剰な権限付与の検出・排除

クラウドに対する脅威の検出および対応

クラウド環境内を不審な動きがないか注意しながら常に監視し、悪意のあるアクティビティを自動的にブロック

クロスクラウドによる可視性とサポート

優先順位一元管理型のコンソール、リスクに基づいたアラートの優先順位決定機能

 

クラウドネイティブプロテクターを使用したスマート権限のハードニング

ラドウェアのクラウドネイティブプロテクターが使用および権限を与えられた許可の差を検知することで、スマートハードニング低減を提供して攻撃サーフェイスを減らし、悪意のある振る舞いを検知し、データ盗用の警告を出し、いかに包括的なクラウドプロテクションを提供しているか学びましょう。

「ラドウェアのクラウドネイティブプロテクターのおかげで、誤報に悩まされることなくリアルタイムで脅威を特定できるようになりました。設定ミスや潜在するリスクがとても見つけやすく、検出と防止の両面でとても助かっています。」

アミール・アラマ様
クラウドオペレーション・ディレクター
Perion

お客様の成功事例を読む

パブリッククラウドへの移行に伴う新たな脅威

コンピューティングインフラストラクチャをパブリッククラウドに移行すると、それまでネットワーク内にあったものがクラウドで外に露出することになります。これにより、より大きく脆弱な攻撃対象領域が生まれ、抑えられていた外部の脅威が表面化して、攻撃者が組織のインフラストラクチャの中心部を直接狙えるようになります。パブリッククラウド環境を守る方法について、以下にご紹介します。

ケーススタディ
グローバルな旅行サービス会社の事例:クラウドネイティブプロテクターでデータ漏洩を防止

グローバルな旅行サービス会社の事例:クラウドネイティブプロテクターでデータ漏洩を防止

AWS内にある数千件のデータトラッキングログの相関関係をマニュアル化して、アプリケーションの保護に活かした企業の事例をご紹介します。

詳細はこちら
eガイド
クラウド権限の管理と過剰な権限付与を制御する方法の理解

クラウド権限の管理と過剰な権限付与を制御する方法の理解

このガイドでは、組織がパブリッククラウド環境内の過剰な権限付与を管理および制御する方法について概説します。データの安全性を維持するにあたりよく直面する落とし穴や課題にも触れています。

詳細はこちら
ホワイトペーパー
クラウドワークロードを2021のトップクラウド脅威から保護する

クラウドワークロードを2021のトップクラウド脅威から保護する

このホワイトペーパーは、パブリッククラウド環境の過剰な権限付与がもたらすセキュリティ脅威と、その適切な軽減の方法について取り上げます。

詳細はこちら
ホワイトペーパー